【スペイン】街中が美術館!バルセロナでガウディ建築を堪能しよう

旅行

2016年8月に夫が一度はスペインのバルセロナでガウディの建築物を見てみたいとの希望をかなえてあげたいと思いバルセロナまで行ってきました!

かかった費用やスペインの雰囲気など参考にされてください(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペインのパエリアとサングリアが美味!

スペイン旅行は主人との2人での旅行でしたが子供たちは夏休み期間で両親に預けて旅行に行くことが出来ました(^^)

スペインではパエリャとサングリアがおいしかったですよ♪

サイズも大きいし港町でもあるバルセロナの新鮮なイカが最高でした!

サングリアも巨大なサイズでびっくり!これでハーフかと聞き返したらそうだと笑われました(^^)

バルセロナは風光明媚なだけでなく、ガウディの建築物が街の至る所にあり、その優美で唯一無二のデザインには目をみはるばかりです。

サグラダファミリアも、前に来たときは後何十年もかかると言われていましたが、世界中からの資金が集まり、建築家や大工さんを多く雇ったりできるようになって、2026年に完成予定となり、かなり出来上がってきたのを見ることが出来ます。

ガウディの建築物である、グエル公園やカサミラなどを回るには、バルセロナの一日乗り放題バスをうまく使いこなすと、効率よく見て回ることが出来ます。

バルセロナオリンピックを開催した、海側のスポーツ施設やFCバルセロナのカンプノウも回ってくれますので、バルセロナのさまざまな魅力を堪能できます。

泊まったホテル

hotelcaledonianというバルセロナ大学のすぐ近くにある、交通至便なミニホテル。

カタルーニャ広場や一番の目抜き通りランブラス通りまでも歩いて10分ほどなので、公共交通機関にのるのは、グエル公園やサグラダファミリアなどガウディの建築を見に行く時くらいです。

毎朝、スポンジケーキやプリンも出来立てで、甘党のスペインらしい朝食を出してくれるのがうれしかったですね(^^♪

 

また、小さいながらもバルコニーが各部屋についていて、サグラダファミリアやバルセロナの市街地の夕焼けをぼーっと眺められるのもよかったですよ。

スペインまでのアクセス方法

広島から新幹線で3時間半ほどで関西空港へ。

関西空港から10時間25分かけてヘルシンキ空港へ。

同じくフィンエアーで4時間ほどでバルセロナ空港へ着きます。乗り継ぎ時間が少々必要なので、全部で20時間程度。

航空券のチケットの購入方法や利用したツアー会社

利用したツアー会社は旅工房の子会社であるトラベル・スタンダード・ジャパンでインターネットのやり取りのみで、2か月前にチケットとホテルの予約をお願いしました。

自分はフィンエアーを利用したので、ヘルシンキとバルセロナ、2都市を組み合わせたかったため、航空券と宿は別々にとり、ツアーにはしませんでした。

自由度が上がったのと、旅行会社がフィンエアーの席を早く抑えていたので、ツアーとそんなにかわらない料金で、自由度が上がったので満足でした。

スポンサーリンク

旅行でかかった費用

交通費 10万円(飛行機と新幹線、JR特急代金)(1人分)
ホテル6泊分 5万円
観光代 3万円
食事代 3万円
お土産代 4万円
合計 25万円

スペインに行く時の必需品

新新薬品のDS胃腸薬です。旅に出るとつい、ここでしか食べられないと食べすぎる傾向があります。するとおなかがはったりしますが、このDS胃腸薬を飲んでおくと、お通じもよくなり食べてもトラブル知らずです。

これから行かれる方へ

バルセロナはガウディで有名ですが、カタルーニャ文化の首都でもあります。カタルーニャ独自のお菓子や地元料理もあるので、ぜひ味わってみてくださいね。

そして、ランブラス通りの途中にあるサンジュセッペ広場にも足を踏み入れてみてください。

新鮮な魚介類、削りたてのハモンセラーノ、地元っ子と同じように生活者の視点で街を観察できます。トイレにチップが必要なので、小銭がないときなどは笑ってごまかしたりしたことも。

小銭を常に持ち歩くようにしたほうがよいです。人々は親切ですが、世界中の人が集まる観光地だけにスリには気を付けてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました