7人制ラグビーとは?15人制とのルールの違いや見どころをチェック

スポーツ

東京オリンピックの競技となっている7人制ラグビーとはどういうものなのでしょうか!?ラグビー

観戦の楽しみを知り、7人制ラグビーを楽しみにしている人も少なくないと思います。

そんな、ラグビー観戦を予定の方へ、7人制ラグビーと15人制とのルールの違いなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7人制ラグビーとは?

7人制ラグビーとは、7人で行なうラグビーの競技となります。
15人制ラグビーとグラウンドの広さは変わりませんが、7人対7人で試合を行なうラグビーとなります。
15人制ラグビーでは、フォワードといわれる体格のいい8人とバックスといわれる7人が出場します。
このフォワードの8人を抜いたバックス陣の7人で行なうようなスタイルが、7人制ラグビーとなります。
厳密には、7人制ラグビ-でもフォワードは3人、バックスが4人となります。
15人制のラグビーに比べて人数が少ないため、1人1人の運動量が求められる競技でもあります。

スポンサーリンク

なぜ7人制なのか?

7人制のラグビーは、スクラムやモール、ラックなどの密集状態が起こりにくくなります。

一応、スクラムもありますが、3人で行なうため、密集ができにくくなっています。

その分、反則なども減り、選手達がボールを保持して走るシーンが多くなります。

そのため、スタミナなどの問題から、1試合の時間が非常に短いという特徴があります。

1日に何試合もゲームを行なうことが可能です。

期間の決まっている国際大会などでは、多くの試合数をこなさなければいけません。

比較的、短期間で行なわれる国際大会では、試合時間の短い7人制ラグビーは向いていると言えます。

7人制と15人制とのルールの違いは?

15人制のラグビーの試合時間は、1試合40分ハーフの80分間となります。

一方、7人制ラグビーは、7分ハーフに2分以内のハーフタイム全て合わせて、1試合15分程度で終わります。試合時間に大きな違いがあります。

ルールの違いは、15人制ラグビーのスクラムが8人なことに対して、7人制のラグビーではスクラムを3人で行います。

また、一時退場処分となるシンビンが、15人制が10分間の退場に対して、7人制では2分間の退場となります。

交代人数が15人制が8人までなことに対して、7人制は5人までとなっています。

トライの点数やペナルティゴールの点数、ボールを前に落としてはいけないという基本的なルールは、15人制ラグビーと同じになります。

スポンサーリンク

7人制ラグビーの見どころを解説

7人制ラグビーの見どころは、何といっても疾走感ではないでしょうか。

7人制ラグビーでは、広いグラウンドの中を、たった7人の選手でトライを奪いに行かなくてはいけません。そのため、1人1人が走る場面が多くなります。

観客は試合が停滞することなく選手の走るシーンが増えるため、見ていて爽快感があります。

パス回しのシーンなども多くなり、よりサッカー的な要素のラグビーとなります。

15人制ラグビーのような密集で何が行なわれているのがわからないというシーンが殆どありません。

選手がパスを回し、走る攻撃を行なう時が見どころとなります。

動きにスピーディー感が出るので、ラグビー観戦初心者の方などにもわかりやすいという特徴があります。

スポンサーリンク

7人制ラグビーとは?15人制とのルールの違いや見どころのまとめ

7人制のラグビーのルールや15人制との違いなどについてまとめてみました。
15人制のラグビーは、スクラムやモール、ラックなどのいわゆる密集がある面白さがあります。

一方、7人制では、選手が疾走する時間が多く、爽快なシーンが多くあります。

若干の違いはありますが、それぞれの面白さがあります。

これからラグビー観戦をするという人は、是非、7人制のラグビーも観戦されてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました